知識欲: 2005年3月アーカイブ

 あなたは切符を買うときに、切符を先に取りますか?おつりを先に取りますか?

 以前神戸に出張に行ってるときだったと思いますが、休日に同僚と電車に乗るときのこと。
私が切符を買う姿を同僚が見て『さすが関西人だねっ』って言いはりました。九州人の私は意味がわからず、『へ?なにそれ?』って聞いてみると、どうやらきっぷとおつりのうち、さきにおつりを取るのは関西人らしいという話でした。

 私の場合は、1)切符と比べて、取り忘れた場合おつりの方が痛い(金額的に)場合が多い、2)切符は指でつまむが、おつりは掴むのでさきにおつりを掴んでから切符をつままないと取りづらい、という理由からおつりを先に取ります。その同僚は1)の理由から、関西人はがめついとか、商売人とかって言うイメージ(偏見)を持っていたのだと思いますが、実際のところどうなんでしょう?

 関西の人が商売人やなぁって思ったのは、同じく駅で声をかけられて『大阪行くんやったら、この1日券半額で買わへん?』って言われたときですね。夕方くらいだったので、自分はもう十分使った後だと思うのですが、更にお金を得る努力ってすごいなぁということと、これから遊びに出ようかという人にとっては半額で乗り放題の切符が手に入るっていうメリットも提示しているわけで、お互いの利益を考えている上に、見ず知らずの人に営業までかける努力に感心しました。

 とは言いながらその場では怪しげで怖かったので断りましたが。

このアーカイブについて

このページには、2005年3月以降に書かれたブログ記事のうち知識欲カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは知識欲: 2005年2月です。

次のアーカイブは知識欲: 2005年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。