知識欲: 2005年2月アーカイブ

 もう2月も終わりですねぇ。職業上スケジュール管理をするんですが、この時期12月~3月のプロジェクトはやりたくないです。なんでかっつーと、年末は忘年会だのクリスマスだのあるし、年末年始は長期休暇だし、年始はみんな休みボケで1月中旬まで仕事が回らないし、2月は28日しかないし、1ヶ月の日数が少ない上に効率がよろしくないので、予定通り仕事が進みません。なんで2月は28日しかないんじゃ~。

 というわけで、『どうして2月は28日なの?』という謎を軽~くググッた結果、下記の通り歴史的な事情があるようです。


  • 昔は年の始まりが3月で2月は閏日などの調整月だったので29日か30日だった

  • 大の月(奇数月/31日)と小の月(偶数月/30日)があった

  • ローマの皇帝のアウグストゥスさんという人が自分の名前を8月(August)につけたが、『余の名前が小の月なのは許せ~ん!大の月に変更せいっ!』と言ったらしく、8月を31日に増やしたために2月が減らされた

 まったく、この皇帝はなんてことをしてくれたんでしょうか。おかげで2月は28日か29日になり、30日の月と31日の月が簡単に分からなくなってしまったではないですか。あほなことしなさんなって。

 以前前ひと月の日数を手の指を使って簡単に分かるやり方を見たことがあるんですけど、どうやってやるんだっけなぁ…。忘れちゃいましたよ。知ってる方がいたらおしえてください。

このアーカイブについて

このページには、2005年2月以降に書かれたブログ記事のうち知識欲カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは知識欲: 2005年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。