決意した、rails2にする

user-pic
0

rails動くbluehostとかherokuが2系なのでもう2にしちゃう。

昨日railsは2.1.2いれたので、アプリを一個つくる。

>rails testapp

ここ参考にscaffoldからやる。

>cd testapp
>ruby script\generate scaffold Member name:string age:integer

migrateファイル作ってscaffoldじゃないのでやっぱ慣れない。

testapp\db\migrate以下にmigrateファイルができる。
001_とかじゃなくなって日付なのね。にしては昨日の日付だ。GMTなのけ?
20081114215145_create_members.rbっていうファイル名になっとる。

書式が前と違うけど、まあ分かればいいや。

class CreateMembers < ActiveRecord::Migration
  def self.up
    create_table :members do |t|
      t.string :name
      t.integer :age
      t.timestamps
  end
  def self.down
    drop_table :members
  end
end

dbテーブル作成

>rake db:migrate

rails起動

>ruby script\server

起動はした。
http://localhost:3000/にアクセスして、とりあえず見れる。
http://localhost:3000/members/にアクセスしたらsqllite3がねえって怒られた。

>gem install sqlite3-ruby

エラーになる。

sqlite3-rubyとWindows

最新版(1.2.4)はまだWindowsに対応していないらしく1.2.3をインストールせねばならない。
>gem install sqlite3-ruby --version '= 1.2.3'

これでOK。

なるほどと。sqlite3は入った。
http://localhost:3000/members/に再度クセス、エラーダイアログがでる。


sqlite3.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。
アプリケーションをインストールしなおすとこの問題は解決される場合があります。

なんか・・・、うん、再起動してきます。

・・・再起動してきました。直るかと思ったけどダメっぽいので調べる。

こことかこことかみるとdll持ってきて入れるとかあってなんか悔しいんですけど、ここみて納得。

なんか新しい環境作るときに手順増えるのいやなのー。

まあでもしょうがなさそうなので、SQLiteからsqlite3.exeとsqlite3.dllダウンロードして入れる。system32とか嫌なので、ruby\binに突っ込んだ。これも本当はやだけど。わがままですいません。

mysqlあるんだからそっち使っとけば良かったような気もするけど、database.ymlいじらなくてさくっと動く環境もほしいのでまあいっかー。

で、とりあえず動くようになりますた。

rails2_scaffold.png

ってか、rake db:migrateするの忘れてたので手順修正。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.io/mt/mt-tb.cgi/222

コメントする

このブログ記事について

このページは、CHoが2008年11月15日 06:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「herokuのrailsのバージョンは2.1.0」です。

次のブログ記事は「herokuで新規railsアプリを作る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。