時間と情報と価値の関係

user-pic
0

 ここ最近、ニュースが出ることによって値段が変わる事件が身近に2回連続で起きてます。一つは、知人に頼まれたチケット、もう一つは株です。

 チケットの方は、その知人曰く販売期間が終了していて今はオークションでしか買えないということだったので、ネットでの情報収集ととあるツテで探してもらったのですが、最初の情報通り一般販売はしていなくて現状ではオークションか値段の高いチケット屋しかなさそうでした。初めてのオークションだったのですが、とりあえず入札をかけながら値動きを見て相場価格が大体分かったので、上限金額を元値の約2倍と決めて入札し数日待ったところ上限金額までは上がらず無事落札できました。が、ここで衝撃の事実が判明しました。落札の直後に先行予約をしていたサイトを確認したら、何と1週間後から一般販売を行うと書いてあるではないですか!朝チェックした時は更新されてなかったのに…と言っても後の祭りでした。値が上がるから落札できないだろうと踏んでもう一個平行して入札してたチケットは全然値上がりせず、いまだに権利者なのでこのまま行くと無意味に高いチケットを必要数の2倍(価格は4倍!)持ってしまうことに…もはや笑うしかないです。

 株の方はタイトー株です。先日ニュースでスクウェア・エニックスがタイトーをTOBで買収するとのことだったので、値段を調べたところ一株あたり2万円のプレミアムがついていました。とりあえず翌日(今日ですね)に16万5千円以下で成行という逆指値の買い注文を出しておきました。がしかし、今朝の寄付で既にTOB価格(18万くらい)になっていて買えないではないですか。まだ株初心者の私はどういう情報でどう値動きするのか分からないので、今後も引き続き上がるのかそれとも上場廃止に伴い下がるのかは分かりませんが、ここ二日に限って言えばこの情報によって利益を得ることができませんでした。(ちなみに過去3年の投資総額を見ると見事日経平均に沿って上下してました。なので今は上昇中です。完全に情報は無視!)

 ということで何が言いたいかと言うと、「モノの価値というのは情報によって上がったり下がったりするということ(当たり前っちゃー当たり前)と、今時点の情報に基づいた価値判断は時間の経過によって変化する(これも当たり前だね)というのを実体験できました。」ということでした。今後はあれですな。情報をうまく収集・分析してこういう値動き感をつかめるようになることと、それに伴って将来の予測の精度を上げることができるようになること、逆に情報発信によって価値をあげるようなビジネスをやっていきたいですね。(それは詐欺師とも言いますが、ここは見逃して儲けさせてください。)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.io/mt/mt-tb.cgi/89

コメントする

このブログ記事について

このページは、CHoが2005年8月23日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新潟県中部でマグニチュード4.7-2005/08/21 11:29」です。

次のブログ記事は「SEMリサーチ落ちた?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。