見る角度によって違う画面を表示できる新液晶

user-pic
0
シャープ、見る角度によってまったく違う画面を表示できる新液晶 - CNET Japan

右の角度から見ればテレビ放送、左の角度から見ればインターネット画面を表示するといったマルチメディア用途のほか、運転手側に地図表示、助手席側はDVD映像を表示する車載用ディスプレイ、顧客に提案資料、販売員には内部資料を表示する業務用モニター、歩行者の進行方向によって広告の表示内容を変える広告用ディスプレイなどへの利用も可能だ。

すげぇ、これは面白いかもです。
音声はどうするのって言うことを書いてあったブログもありましたが、指向性音響装置があれば完璧ですね。そういえば指向性スピーカーとか昔見たことあるんですが実用化できたんでしょうか。
最後の広告を進行方向によって変えるってのは面白そうですね。駅構内での壁に設置してる標識系なんかいいかもです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.io/mt/mt-tb.cgi/57

コメントする

このブログ記事について

このページは、CHoが2005年7月15日 01:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「検索サービスの方向性-Yahooの戦略(自家用メモ)」です。

次のブログ記事は「make the style"drivin' slow" Compiled by Shinichi Osawa」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。